等身大パネルの作り方

自分の家で等身大パネルを作る方法として、自分の家のプリンターでA4の紙を使用し、印刷します。分割ソフトは画像処理ソフトを使用します。まず、写真を横5940ピクセル以下にし縦10000ピクセルにします。次にペイントキャンパスを5940×10500ピクセルにして、先に作った写真を張り付けて保存し、フォトスケープを起動し分割をクリックします。そして追加をクリックして、ペイントで作った写真を選択します。セルのサイズが2970×2100にして、列に、行5にして分割をクリックしていて、オリジナル画像をクリックし、アウトプットのフォルダに分割された写真を縁なしで印刷すれば寸法通りになります。補足として、10ピクセルが1㎜です。等身大パネルは今は結婚式のウェルカムボードとして使われるケースがあります。一生に一回しかないのでいい式になること間違いなしです。

比較対象になる等身大パネル

有名人やキャラクターなどの等身大パネルをよく見かけます。テレビでしか見たことが無いため、どれくらいの大きさなのか分からないことが多くあり目の前にしてみると驚く事が、よくあります。自分の背とどれだけ違うかを比べたりすると勝てば少し誇らしげですが、負けるとパネルにも関わらず少し悔しくなるため、面白いです。実際に等身大パネルを作成するとなると、通販やネットまたは、自作になります。自作の場合は何枚も印刷するため、原寸にする工夫をしっかり頭の中にイメージをしなければなりません。今、少しずつ人気が出ているのは、結婚式などのイベントで使用することです。一目で目に付くため目立ちやすく楽しいアイディアです。作るのは大変な作業かもしれませんが、インパクトもあり印象に残りやすいので、イベント事には、とても魅力ある商品になるでしょう。

等身大パネルはどのようなときに使うか

等身大パネルを専門に作る業者があります。では、この商品は、いったいどのようなときに使われるのでしょうか。実際には、広く、様々なことに使われています。まず第一に、お店などで、その対象の商品のイメージキャラクターを勤める芸能人などのパネルを立てて、宣伝をしたりするときなどに使われたりします。パネルは等身大なので、その芸能人の大きさがよくわかります。大きいと考えていた芸能人が、実際に等身大パネルで見てみると、意外にも小さかったりなどします。次に、例えば、結婚式の受け付けに、新郎新婦のパネルを立てて、ゲストをお出迎えするということに使われたりします。これは、最近とても流行っている使い方です。式場が提携している写真やさんに頼んで、二人の写真を撮影し、実物と同じ大きさのパネルを作ります。このパネルを立てると、招待客はたいてい喜びます。